患者さまのお悩み

2017年10月30日 月曜日

生薬について 3の続き

 前回、「トリカブトは猛毒だが、漢方薬の附子という生薬として使われている」ということを書いたら、「附子に毒はないのですか?」ときかれました。説明が足りなかったようなので、補足しておきます。
 エキス剤で使われている附子の毒はまず心配要りません。メーカーが十分管理して、毒性を減らすようにしていますし、使用量も保険では2g程度までなので、トラブルはないです。あったとしたら、毒ではなく副作用だと思います。煎じ薬として使う附子は、加熱したり、塩につけたりするなどいろいろな方法で毒性を減らしたものが使われます。やはり多量に使われない限り、問題ありません。量が多いと、まれですが中毒が起きることがありますが、大きなトラブルにはなりません。購入した附子を念のためもう一度火にかけ、毒性を減らして処方するところもあります。もともとが毒なので、過剰なくらい管理されています。
 紙数が余ったので、蛇足です。「2000年ほど前より、東洋西洋ともにトリカブトの毒とサソリの毒が打ち消しあうということが知られていた」ということを「発見」したのは、大塚恭男先生(漢方界で知らない人はない有名な先生です)で、私は医学生の頃にこのことを知りました。医学生のとき東洋医学研究会という漢方のクラブに入っていたのですが、部室になぜか古びたサソリの乾燥品が置いてありました。漢方薬のクラブなので、生薬があるのはおかしくはありませんが、サソリはまず使う生薬ではありませんし、高価で学生のクラブには異質なものでした。なぜサソリがあるのか不思議に思っていました。私が学生の時はそうではありませんでしたが、大塚恭男先生は横浜市立大学の講師でいらして、東洋医学研究会の顧問でした。また部員に優秀な医学生、丁宗鉄先生(しばしばマスコミに登場する有名な先生です)がいらしたので、トリカブトとサソリの毒が打ち消しあう研究をさせようとしてサソリを手に入れたようで、その遺物が部室に残っていたのでした。丁先生からその話を聞かされて、サソリが部室にある理由がわかり、トリカブトとそそりの毒が打ち消しあうことを知ったのでした。40年にはなる昔の話です。

投稿者 田中医院 | 記事URL

2017年10月 6日 金曜日

生薬について 3

 今回は附子(ブシ)という生薬のお話です。附子はトリカブトという植物の根から取れます。「えーーー!!」と、トリカブトをご存知の方は、驚かれるかもしれません。というのも、トリカブトは猛毒で有名な植物で、少し前、殺人事件で使われたりしたのですから。昔の毒薬というと、トリカブトといってもよく、世界中で使われていた有名な毒をもった植物です。これを漢方では薬として使っているのです。
 古代ローマのプルニウスが著した『博物誌』に毒としてトリカブトは記載されており、「豹殺し」の別名があります。また面白いことに、トリカブトの毒はサソリの毒と打ち消しあうということも書かれています。まさに「毒をもって毒を制す」です。『博物誌』はAD.1C頃の本ですが、東洋ではこれよりも少し早い時期に同じようなことがわかっています。BC.239年に著された『呂氏春秋』です。秦の国の呂不韋が編集した本で、内容の誤りを一字でも正すことができたならば、千金を与えると豪語されたことで有名な本です。これにもなんと、トリカブトの毒はサソリの毒といっしょにすると毒が消えるという記載があるのです。東西交通もなかった頃なので、それぞれ独自の世界でこのことを発見したと思われますが、発見したことも、内容が一致していることにも驚きを感じます。
 毒が打ち消しあうという記載は、別々に発見されていることからも信憑性の高いことと思もわれます(昔の本には誤りがしばしばあります)。東西交通によってではなく、独自に発見したというのは、トリカブトについての記載の違いからも予想されます。西洋ではトリカブトは毒としてしか記載はなく、医療用の使用は否定されていますが、中国では毒の記載もありますが、ご存知のように薬(附子)の記載もあるのです。トリカブトは熱を加えると毒性が弱まり、薬、附子として使用できるのです。附子は身体を温め、関節痛や知覚麻痺、手足の冷えなどを治すきわめて重要な薬ですが、このことに気がついた古代東洋人の知恵に感心してしまいます。偶然わかったことなのでしょうが、どうして猛毒を薬として使うようになったのか知りたいところです。漢方がさまざまな病気に対応し、治療が可能で、現在でも十分通用するのは、猛毒でも治療薬に使用してしまう知恵に秘密がある気がします。

投稿者 田中医院 | 記事URL

2017年8月 7日 月曜日

マダニのとり方

 今回は漢方とぜんぜん関係のないお話。
 夏になるとしばしば話題になるマダニについてです。マダニは刺される(「咬まれる」が正しいのかも?)と何日間も血を吸い続け、取ろうとしても取れない嫌な虫です。刺されることで、致死的な感染症を起こすことがあるので、マダニの活動が活発なこの時期、しばしば話題になります。山林や草むらなど野生動物が出没するところに生息していることが多く、そのようなところを通るとき、人間の身体に乗り移り、血の吸いやすい場所に移動して、吸血を始めます。刺されると、長い時間(1週間以上のこともあるそうです)吸血を続けます。取ろうとしても取れません。無理に取ったり、マダニを殺してしまうと、刺し口が残ってしまい、それを取るため結局、病院のお世話になるということになります。
 マダニのとり方について調べてみると、いろいろな方法があることがわかります。いろいろあるということは決定打がないということです。ワセリンやアルコール、酢などを使うのがポピュラーなようですが、成功率はあまり高くないようです。
 そこであまり知られてはいないが、よい方法があったので、漢方の話ではなく、急遽、マダニの話を書くことにしました。で、その方法というのは、塩を用いるのです。やり方は簡単、塩を吸血しているマダニにベタベタとのせ、その上を水で少々ぬらします。そのままの状態で、5分以上おき、時間がたったら、塩を除き、マダニをつまむと、皮膚から簡単に取れるというものです。塩さえあれば誰にでもできる簡単な方法です。これでダメならば、病院に行きましょう。
 この方法はある先生(名前忘れました、ごめんなさい)のエッセイに載っていたものですが、成功率はほぼ100%だそうです。ポイントは塩をつけてから十分時間をおくことだそうです。私はチャンスがまだないので(?)、試したことはないのですが、マダニで困ったら、病院に行く前に試してみても損はない方法だと思います。ただし、刺された後の感染症には注意してください。刺されて2週間以内の原因不明の発熱や、刺された部位の治癒が悪いなどおかしいと思うときは病院に行きましょう。

投稿者 田中医院 | 記事URL

2017年7月14日 金曜日

生薬について 2

 生薬の話の続きです。前回、動物由来の生薬はあまり使われないと書きましたが、保険薬として使われているものは、次の3つしかないようです。セミの抜け殻(「蝉退」といいます)と動物の皮を煮詰めた液を固めたもの(「阿膠」といいます)、カキの貝殻(「牡蠣」といいます)の3つです。動物は植物のように栽培して収穫ということが難しく、安定して供給されないため、利用しにくいのです。保険薬で使われているものは、安定供給されやすい(=あまり高くない)からですが、おそらく、飲みにくくないという理由もあるのではないかと思います。「飲みにくい」というのは、まずいという意味よりも、心理的抵抗という意味です。たとえば、ゴキブリ(「しゃ虫」といい、普通に見られるゴキブリではありません)を生薬として使うのです。煎じるとき、これを見たらぎょっとしますし、飲む気にならないですよね。普通はわからないように粉にしますが、中身を知ったら、人にもよりますが、飲み続けられるかどうか疑問です。値段も意外なことに高く、変動は多いですが朝鮮人参並みの価格はします。アブ(「虻虫」といいます)も生薬として使われますが、その姿を見て煎じ液を飲めますか?実は試しにと思い、昔、虻虫を煎じて飲んだことがあります。煎じ液には脂のようなものが浮き、不気味で気持ち悪く、少量口に含み飲むのがやっとでした。味は覚えていられないくらい心理的動揺は大きかったです。価格も、これはしゃ虫よりもはるかに高く、続けて飲める価格ではありません。こういうため、あまり使われることはないようです。
 見た目はともかく、価格の面で使いにくいものも多いです。その代表が牛の胆石(「牛黄」といいます)です。牛の胆石が薬となることも意外かもしれませんが、それより値段が高い!桐の箱に入り、数グラムで数万円で売られていても、驚くことはありません。相場です。他に高いものに熊の胆嚢(「熊胆」といいます)があります。これは入手困難な上、泣く子が黙るくらい値段は高いです。まだ高いものはたくさんありますが、要するに動物性生薬は高くてのみにくいのです。

投稿者 田中医院 | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

身体がだるい時期です

 ここのところ、診察に来た患者さんに「調子はいかがですか?」と尋ねると、判で押したように「だるいです」という答えが返ってきます。これは温度変化が激しい最近の気候に身体がついていかないからだと思います。気候の変化に自律神経がついていかないのでしょう。夏場にクーラーのかかっている部屋と暑い外との出入りを繰り返していると、やはりだるくなります。これと似ているのかもしれません。
 こういう時期の注意を並べてみました。
1、睡眠を十分取る(できる限り早寝早起き)
2、夜遅く食べない、食べすぎない
3、水分を取りすぎない
4、できるだけ体温より低いものは口にしない
5、朝晩と昼の気温差に注意した服装にする
などに注意するとよいと思います。
 月並みなことしか言っていないですが、特別な方法は無いということです。
 ドリンク剤の類を飲む方もいますが、カフェインによる覚醒作用で一時的に元気になるだけなので、好ましいものとは思えません。これでしたら漢方薬をお勧めしますが、朝鮮人参が入ったもの、たとえば補中益気湯などがよいです。しかし、元気になると、さらに無理をする人が多く、かえって悪くなることがしばしばあります。
 月並みな方法をお勧めします。












投稿者 田中医院 | 記事URL

田中医院 tel:03-3266-1407