患者さまのお悩み

2015年8月28日 金曜日

夏の終りは十分な睡眠を!

 夏が終わって涼しい日が続いた頃に書こうと思っていたことがあるのですが、急に涼しくなってしまったので、あわてて書きます。
 この時期は、夏の暑さで体力が衰え、免疫力が低下しているので、風邪などに注意が必要です(実際、風邪が流行っています)。これはみんなの免疫力が低下しているので、風邪が人から人へと次々伝染してしまうためです。抵抗力があれば、次から次へと伝染することはないので、風邪などが流行することはありませんが、みんなの免疫力が落ちているので、流行してしまうのです。
 で、どうすればよいかというと、睡眠を取ることです。寝苦しさと暑さで弱った体には睡眠が一番です。夜も涼しくなり、質のよい睡眠が取れます。早く寝て、いつもより睡眠時間を増やしましょう。いつもと同じ時間ではだめです。早く家に帰り、よく寝ましょう。
 漢方薬を飲んでいると、免疫力が高まりますが、やはり夏の暑さには勝てません。漢方薬を飲んでいても、睡眠は十分に取りましょう。

投稿者 田中医院 | 記事URL

2015年8月 3日 月曜日

続・夏バテ

夏バテの続きです。
 75歳の女性、食欲がなく、何もする気がしないとのことで、当院来院。他の病院で検査してもらいましたが、異常がなく、「夏バテでしょう」といわれたそうです。薬をもらいましたが、改善しないので漢方薬で治らないかと、来院されました。お話を聞くと、熱中症にならないように水分を暇さえあれば取っていたそうです。これでは食欲はなくなり、夏バテもします。漢方薬も処方しましたが、熱中症はクーラーを適度に使うことで対応してもらい、水分は控えめにしてもらいました。これで1週間もしないでよくなられました。
 これから多くなるのが、若い人の上記と同じような症状の方です。食欲ない、だるい、下痢するなどで来院し、話を聞くと、クーラー効いたオフィスにいるにもかかわらず、せっせと水分を取っているのです。

 熱中症も気をつけなければいけませんが、水分の取りすぎ、特に冷たいものに注意です。夏バテすれば、熱中症にもなりやすくなってしまい、極端な言い方をすれば、熱中症になるため水分を取っている、ということになってしまいます。

投稿者 田中医院 | 記事URL

田中医院 tel:03-3266-1407